AX

体力増強は必須かも!?

やってみて分かった!ツアーナースは体力勝負!!

ツアーナースの仕事

添乗看護師の仕事が「報酬をもらいながら観光旅行ができる!」というお気楽な面だけを取り上げると、かなり片手落ちだな〜って思います。実際、大変な面も結構あるんですよね。

 

ずっと観光バスで巡るだけの旅行に添乗する場合は比較的楽な面もあるんですけど、小中学校の体験教室や体験型の修学旅行となると、さすがに大変な面もあるんです。

 

去年添乗した中学校の修学旅行の行先は信州でした。3泊4日の内、2日目が山登り体験で1200mクラスの山登り。子供たちはそれぞれお弁当と水筒を小さいリュックに入れているだけなんですが、私は自分の荷物以外に大きな救急箱を持たなければならなくて、慣れない山登りに本当に死ぬ思いで参加したものです。

 

片道2時間の山登り。中学生でも、体力のない女の子は結構ばててましたが、40代の私はもっと体力ないですからね〜。

 

事前のミーティングでは「軽い山登りですから、大丈夫ですよ^^」なんて言われていたんですが、普段子供たちを相手にしている教師の皆さんと一般人の私とでは、「大丈夫」の幅が違う…と後から分かりました^^;

 

それ以来、近所のスポーツクラブに通って基本的な体力を付け、毎日のウォーキングも続けるようにしています。お蔭で体重が3キロ程減ったのは、嬉しいおまけです。

 

ツアーナースは疲れていても笑顔でないといけない!

ツアーナースの仕事

その山登り体験の時、数人の子が転んで軽い怪我をしてその手当をしたんですが、どんなに自分自身が疲れていても、笑顔で対応しなければいけません。痛がってへこんでいるいる子に対して仏頂面で手当をするわけにはいきませんからね。ナースはやっぱり天使でなければなりません!

 

そういう意味でも、ツアーナースは体力勝負なんですよね。旅行に参加している皆さんの頼りになる存在でなければならないと思います。